充電できない! バッテリー不良?ドックコネクタ不良? iPhone6s アイアップ淵野辺店

こんにちは!アイアップ淵野辺店です。

今回は充電不良のパターンの見分け方について解説します。

当店では、いままでに多くの充電不良修理を行ってきました。

その中でも充電不良の修理は画面修理につぐ件数となっております。

充電不良の種類

  • バッテリー不良
  • ドックコネクタ不良
  • 基盤、コネクタ部分の不良
  • システムの不具合

バッテリー不良とドックコネクタの不良が修理件数の9割以上を占めています。

稀に基盤やシステムによる故障の場合もあります。

 

1.バッテリー不良の場合の修理方法

こちらのパターンはバッテリーを新しいものに交換することで症状が改善されます。

2.ドックコネクタ不良の場合の修理方法

こちらのほうが複雑で、ドックコネクタ部品に付属しているマイクやイヤホンジャックを綺麗に分離させなければならないので、難易度が高くなっております。

3.基盤やコネクタ部分の修理方法

最高難易度の修理になります。

1mm以下の小さな部品の移植作業など非常に細かい修理、精度の高い修理技術が要求されます。

また、専用の修理器具が超高額なため、一般的なiPhone修理屋さんでは受け付けておりません。必然的に修理料金も跳ね上がってしまうので、どうしてもデータが取り出したいというとき以外には最新機種の新品本体を買ったほうが安く済みます。

 

4.OS、システムの不具合修理方法

こちらは、修理屋さんで修理することは不可能です。

AppleによるOSの修正を待つしかありません。

また、OSではなくシステムの不具合の場合には本体の強制リセットや再起動で直る場合もあります。

 

以上が充電不良の4パターン詳細になります。

当店で即日10分から修理可能なのは

バッテリー不良

ドックコネクタ不良

の修理です。

もちろん、充電不良だけでなく、液晶画面修理、水没修理、各種ボタン修理なども即日おこなっております。

年中無休で営業しておりますので、ご都合のよろしい日に当店までお越しくださいませ。

アイアップ淵野辺店

0120-888-514